わびすけ「時々日記」

展覧会の記録も掲載しています。
  << April 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
京の気になるお店

行きたっかった4ヶ所をハシゴしました。

まず、祇園歌舞練場前のライカ。
この春、築100年の町屋を改装してオープン。
銀座店に並ぶ旗艦店だそうだ。
麻ののれんに赤いライカのロゴマーク、
ディスプレーはもちろん、2階のギャラリーもカッコよかった。



2軒目は、
寺町通二条上ルの三月書房。
内田樹の評論の隣に原発問題
岡本太郎の本の隣に昭和関連本、そして永山則夫の本
これは、つれあいが買いました。
図書館のように分類された大型書店には
とてもできないディスプレー。

3軒目は、
富小路通二条上ルの革工房Rim。
10年前、五条のあじき路地の長屋で誕生。
手縫いが特徴で、端切れもちょっとした工夫で商品に。
私のケータイのストラップにつけてみました。40円なり。
革の色使いと心づかい、店主の味かな。

最後は、Rimから歩いて10分、
御池通に面した、鞄のいたがき。
北海道の本店で、京都店のことを知り
何度か来ています。
財布と名刺入れを使っています。
「いい仕事」しています。
| ギャラリー わびすけ | - | 01:00 | comments(1) | trackbacks(0) |

コメント
この種のトピックに関するブログを共有するために人々が費やした努力に感謝します。それは本当に役に立ちました。 投稿し続けてください!
| cetak buku murah | 2023/02/07 4:26 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://waviske.blog.bai.ne.jp/trackback/210921
トラックバック

RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES PROFILE OTHERS